自分で交換する注意点

交換する部品を間違えると破損する原因となる

水漏れ修理班オフィス

シャワーヘッドの交換時の注意点

洗面所やお風呂場のシャワーからポタポタと水が垂れたり付け根などから水漏れ吹き出すなどすることがありませんか?シャワーの水漏れの原因がいくつか考えられます。
水が噴き出ている場合など、シャワーの水漏れがお風呂場で起きていても少量なら我慢できるでしょうがひどく漏れ続ける場合には、気になる人も多いのではないでしょうか?そんな時には、シャワーヘッド、ホース、蛇口本体に異常が発生していることがほとんどです。どこから漏れているのかを見極めてからピンポイントで原因と対処をしてみましょう。
自分で部品交換をするときの注意点とし、シャワーから水漏れしている場合には、部品の交換で解消されることがほとんどです。

自分で交換する時には、斜めに取り付けてしまうと破損してしまったり、ねじ山のピッチがサイズ違いですと水が溢れ出す恐れがありますので必ず止水栓を閉めてから行いましょう。
大切なことは、部品を購入する時に型番を調べて適合する部品を調べてからホームセンターやネットショッピングで購入しましょう。適合しない部品を取り付けてしまうと部品が破損させてしまう恐れもありますので注意が必要となります。また、ナットなどの締め過ぎにも部品が破損する原因ともなりますので力まかせに締め過ぎないように注意してください。


修理対応手順

シャワーヘッドの時期

シャワーヘッドは、使用頻度や水質によって寿命が異なりますが、通常は1年から3年程度で交換することが推奨されています。長期間使用すると、穴が詰まって水が出にくくなったり、噴き出す水の方向がバラバラになったりすることがあります。また、シャワーヘッドの内部にカビや汚れがたまっている場合もあり、清潔な水の供給ができなくなるため、定期的に交換することが望ましいです。

よくある賃貸マンションで無断で行われるシャワーヘッド交換
賃貸マンションで無断でシャワーヘッドを交換する行為は、通常は契約違反とされます。賃貸住宅では、部屋や設備に変更や修繕を行う場合には、通常は事前に大家や管理会社の許可を得る必要があります。
無断でのシャワーヘッド交換は、以下のような問題を引き起こす可能性があります:

●契約違反: 賃貸契約では、住宅の設備や構造を変更することが制限されている場合があります。無断でのシャワーヘッド交換は契約違反となり、家主や管理会社からクレームを受けることがあります。
●破損やトラブルのリスク: 適切な取り付けや配管の不備により、水漏れやトラブルが発生する可能性があります。また、本来のシャワーヘッドとは異なる部品を取り付けることで、配管やシャワー本体に負担がかかり、損傷や故障の原因になることもあります。
●修繕費用の負担: 無断で交換したシャワーヘッドが原因で、設備や配管に損傷や故障が生じた場合、修繕費用は通常は入居者が負担することになります。
●賃貸住宅では、修繕や設備の変更を行う場合には必ず事前に家主や管理会社に相談し、許可を得ることが重要です。もしシャワーヘッドの交換を検討している場合は、まずは大家や管理会社に連絡して許可を得るようにしましょう。

現状復旧とわ
「現状復旧」とは、物事や場所を元の状態に戻すことを指します。賃貸住宅での現状復旧とは、入居者が退去する際に、部屋や設備を入居前の状態に戻すことを意味します。
具体的には、壁や床についた汚れや穴を修復し、設備や備品の故障や損傷があれば修理または交換を行います。また、部屋の塗装やクリーニング、カーテンや照明器具の取り外し、必要に応じてインテリアの撤去なども行われます。
賃貸契約では、退去時に原状回復義務が課せられる場合が一般的です。つまり、入居者は入居前の状態に戻す責任を負うことになります。これにより、次の入居者が新たな入居時の状態を享受できるようになります。
ただし、現状復旧には個々の契約内容や地域の法令による規定があります。具体的なルールや責任範囲は、賃貸契約書や地域の法律に基づいて確認する必要があります。退去時には、家主や管理会社との間で現状の確認や調整を行い、適切な現状復旧を行うようにしましょう。


料金一覧