節水効果を高めるために考え直してみる

節水効果を高めるためにわ

水漏れ修理班オフィス

平均した生活用水の 使用量について

統計によりますと生活用水の使用量の割合がもっとも多いのがお風呂場です。
浴槽へお湯を溜めたりシャワーを使ったりということを考えれば納得の結果ですが次に使用量が多いのがトイレだということをご存知でしょうか!?
考えていたよりか多いと言われる方も比較的少ないと言えませんが、意外とトイレで1回の排水量する使用量が多いので積もりに積もって1ヶ月に換算をするとかなりの割合になってきます。
調査結果によりますと、お風呂の使用量の割合は生活用水の全体の40%以上を占め、次点のトイレは23%と言われています。お風呂のように大量の水を流すわけではないトイレででもこの割合となっている現状です。
一昔前は、お風呂よりトイレの方が水の使用量が多い時代もありましたが、現在では、節水型トイレをご使用されれているご家庭が多く1度のトイレ使用時に必要な水量が劇的に現象しているからです。
とはいっても更に節水を求める方もいて節水方法がさまざま照会されていますし節水アイテムもいろいろと市販されています。一般的に有名なのが、ペットボトルや便をトイレタンクの内側に入れる節水方法というものがあります。しかし、これはできればやめておいたほうが良い方法なのです。
理由としたは、1回あたりの水の使用量が減りますがトイレタンク内部にある部品を破損させたり、動作を妨げてしまうといった、トイレの不具合に繋がるリスクがあるからです。
また、トイレタンクそのものを破損させてしまうこともあります。大・小の排水の使い分けをして適切に使用をされているのでしたら節水効果のありますので見直してみてはいかがでしょうか。また、長年使われているトイレの場合には、節水型トイレに交換することもトイレの節水になりコストも削減でますから、何らかの不具合が起きた時にお考えになられるのもよいでしょう。

東京都内地域紹介
武蔵野市 町田市 東大和市 昭島市 国分寺市
狛江市 国立市 武蔵村山市 小金井市 清瀬市
緊急業者
三鷹市 調布市 東久留米市 立川市 東村山市
西東京市 八王子市 小平市 多摩市 日野市
電話相談が無料
福生市 青梅市 あきる野市 羽村市 稲城市

修理対応手順

料金一覧