ウォシュレットが故障して使えなくなった

耐久年数を過ぎていたら新品交換した方が無難である

水漏れ修理班オフィス

ウォシュレットの故障して使えなくなった

現在、多くの方々がトイレを使う上で設置されているウォシュレットですが呼び方も製造メーカーによって異なり統一されていません。

内部点検


実はこの「ウォシュレット」はTOTOが販売する温水便座の商標登録済の商品名となります。他社でどう呼ぶかですがINAX、現在LIXILではシャワートイレ。他社では温水洗浄便座などと名付けられて呼び方が様々存在している状況となってなっています。機能も日進月歩で洗浄ノズルを自動で洗浄してくれたり、消臭ファンなどは当たり前。高価なタイプになると便座のオート開閉機能や立ち上がると自動で流してくれるオート洗浄機能までもが付いたタイプもあります。
しかしこの「オート洗浄機能」。子供がオート機能に慣れてしまい、外でトイレの流し忘れをする子供も多くなったそうです。便利なの物であっても時にはデメリットでf具合が起きる事もあります。とにかく最近のウォシュレットやシャワートイレはお尻を洗うだけの物ではなくなりつつあり日進月歩で「家電製品」でもありますが修理が必要になった時に修理依頼先の認識が少しずれている場合も少なくありません。基本的には、購入店か製造メーカーに修理依頼することが望ましい。理由としては、部外者が修理を行って火災などが起きてしまった際にメーカー報償受けられないとかクーリングオフの対象外なるなどのデメリットが発生するからです。そして、一般的に耐久年数が電化製品は、使用頻度により異なりますが約8年前後を目安になっています。
以下が故障する箇所が多い部分となります。
●ノズル動作の不具合
●便座が温まらなくなる
●本体のひび割れ
●異音
●接続部分の不具合
などの症状が出てきます。特に水漏れに関しては間接的に起こる事も多く本体の裏側からジワリジワリと水が滲み出て知らない間に床が濡れているといった事例も多くあります。
誰も使用していないトイレの床が濡れている事があったらまずは便座の裏側、ウォシュレット本体の裏側をくまなく確認してみてください。水滴が滴っていたりしたら床板を壊す前にも定期点検を行ったら不具合が起きていれば早めに修理依頼することをお勧めします。


調布市 八王子市 武蔵村山市 東大和市 三鷹市
小平市 武蔵野市 昭島市 狛江市 国分寺市
西東京市 福生市 町田市
東京都内地域紹介
国立市 東村山市 多摩市 東久留米市 日野市
小金井市 稲城市 あきる野市 清瀬市 立川市



サポート総合受付