パッキン交換

定期的な交換が必要

水漏れ修理班オフィス

パッキン交換で蛇口の修理

水道まわりのトラブルで一番と言ってもいいくらい多いのが蛇口からのポタポタ落ちる水漏れです。

日常の生活の中で一度は経験したことがあるのではないでしょうか。しかしながらそんなに頻繁に起こることでも無い水道トラブルですので、どうすればいいかわからない方も多いと思います。しかし、蛇口の水漏れは、実際には意外と簡単に修理すこともできるのです。蛇口の水漏れのパターンはいくつかあります。「ハンドルをしっかりと締めても水が漏れてしまう。」や「ハンドルの根本から水が漏れてしてしまう。」などが主に水漏れのパターンとしてあります。台所、キッチン、洗面台、風呂、散水栓、洗濯機の給水用蛇口などから水漏れをしていることに気付いたときはまず水漏れをしている箇所はどこの部分からなのかを見極めることが重要です。そして、その部分を発見することができたら原因を見つけることができ、原因を見つけることによって修理につながるのです。したがって、蛇口から水漏れをしていると思ったときには、水漏れをしている部分がどこなのかを探ってみてください。そして、水漏れをしている部分を発見することができたら原因の究明に移ります。例えば先程列記した「ハンドルをしっかりと締めても水が漏れてしまう。」、「ハンドルの根本から水が漏れてしまう。」のケースのよくある二つのパターンはいずれも蛇口のハンドルを外した内側にあるパッキン交換をすることによって直すことができます。台所、キッチン、洗面台、風呂、散水栓、洗濯機の給水用蛇口などの蛇口の構造は、それぞれのメーカーによって少しずつは異なってくると思いますが蛇口のナットを外しハンドルを外した中にパッキンというゴムのようなものがあるのが一般的です。そのパッキンの劣化がこのような蛇口の水漏れが起きる原因となっているのです。水道修理の仕方は、意外と簡単に自分でもすることができます。まず、自分で水道修理をする時に重要になってくるのが、蛇口の修理を始める前に止水栓を必ず閉めるということです。止水栓を閉めないと水が溢れてしまって水漏れよりも大惨事になってしまうので要注意です。そして、その止水栓を閉めたら、モンキーレンチなどを使いナットを外します。ナットを外すことによってハンドルを回して取ることができますのでハンドルを外して内側のパッキン交換をし、再度ハンドルとナットを元に戻すだけで良いのです。それ程時間がかからない作業なので、日曜大工が得意な方などは簡単にパッキン交換の水道修理ができると思います。その老朽化したパッキン交換によって蛇口の水漏れのトラブルはほとんど自己修理で修理することができます。しかし、パッキン交換でも直らない蛇口の水漏れのトラブルだとか自分で水道修理をすることに自信のない方は、蛇口のパッキン交換をしてくれる水道修理業者さんもたくさんあるので、業者さんに頼ってみるのも一つの手段だと言えます。蛇口の水漏れはいつ起こるか分からなく突発的に起きますのでパッキン交換の方法を知っておくこともいざと言うときに役立つのではないでしょうか。


水トラブルのコラム
給湯器設備の多い不具合 シャワーからの水トラブル
水が漏れるときの対処法 風呂釜が汚損している
便器から水が漏れる対処法 排水口がなぜ詰まるのか
電話相談が無料
止水栓の接続部分で水漏れ 賃貸住宅で水が漏れている
修理費用の負担は誰? 納得できる水道業者を選ぶには
トイレの水漏れへの対処法 お風呂の中でカビの発生
緊急業者
水道管の凍結を防止する

無料電話相談実施中

修理対応手順

施工料金